ビジネスシーンで勢い増すスマートフォン

スマートフォンと言ったら、携帯電話に置き換わる製品として、多くの人が利用していることと思います。しかし、個人のみならず、最近は企業が導入するケースも増えています。スマートフォンの便利な機能を活用することで、ビジネスをより円滑に回そうというのです。

では、どんな使い方があるのでしょう。例えば営業担当者は、外出して顧客を訪問するのが主な業務となります。なかなかオフィスには戻れないもの。そこで、オフィスでやらなければならない業務を、スマートフォンでもできるようにしようとしているのです。これならオフィスに戻らずとも、外出中の空き時間などを利用して業務を済ませられます。具体的には作成した書類を上長へ申請したり、交通費を精算したりといった業務をスマートフォンから行うことが可能です。毎日の営業日報をスマートフォンで作成し、報告することもできます。

もちろん、大事な要件があったらメールや電話を使って確認できるし、調べ物もインターネットを使ってできます。社内のファイルサーバーに屋外からアクセスできるようにしておけば、屋外のスマートフォン経由で社内ネットワークにアクセスして、ファイルサーバー内の資料を閲覧したり、プリンタを使ってスマートフォンに保存しているファイルを印刷したりできます。

こうしたビジネス用途を想定し、企業向けのアプリが数多く登場しています。また、個人所有のスマートフォンを業務でも利用するという使い方も徐々に普及しています。ただし、スマートフォンがどんどん高機能になる一方で、バッテリーの性能はあまり向上していません。仕事でもプライベートでも使っているとあっという間にバッテリーが無くなります。バッテリーの問題はモバイルバッテリーで解決するかもしれません。しかし通信量はどうでしょうか。今は定額が当たり前ですが、実は通信量に上限が設けられています。iPhone制限なしで使うためには別の回線を用意しなければなりません。MVNOも速度制限があります。だからワイマックスを会社で契約してiPhoneやノートPCを便利にネットに繋ぐ人が増えてきています。

Comments are closed.

Swiftray Theme Powered by WordPress